防犯カメラとは

防犯カメラは監視カメラとも呼ばれています。
昔は監視カメラというのが一般的であったといえます。
勿論、初期のカメラは白黒です。
また昔の監視カメラは現在のように家庭などで使用されることはなく工場内の特別な監視用であったり、ダムなどの監視に使用されていたこともありIndustrialTelevision、略してITV、工業用ビデオカメラシステムといわれていたのです。
これらが進化し、やがてClosedCircuitTelevision、略してCCTVそしてCCTVシステムとよばれるようになったのです。
最近ではカメラが直接あるいは間接的にインターネットへの接続されることも多くなりCCTVという言葉はあまり使用されていないといえます。
監視カメラはそれが誕生してから半世紀が経過し、誕生したころでは想像もつかないくらい技術が進歩してきたといえます。
カメラ製造メーカーも増えて監視カメラの価格やカメラシステムの価格も下がることとなったのです。
そしてこのカメラ市場は拡大、それにあわせてさまざまな使い方がされるようになり、いまや現代社会に不可欠な存在となってきています。
先進国では低価格監視カメラが家庭でも使用されるようになってきています。
また監視カメラは先進国のみならず新興国でもその市場は急速に拡大、大量に使用されることとなってきているのです。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 防犯カメラの技術進歩と市場の拡大 All Rights Reserved.