防犯カメラの必要性について

人々の生活が豊かになってきた一方で、格差やワーキングプアといった社会を揺るがす問題があることは確かです。
必ずしもそのような事柄が犯罪を生み出す根源となり得ないでしょうが、個々の人の心の変化が世間を揺るがす問題となっている可能性は否定することは出来ないのです。
社会の中でお互いにいたわり合い、助け合う精神が根付いてこそ、犯罪の減少が進んでいくということができるのです。
人の心を豊かにする教育に力を入れておられる方がおられるのは素晴らしいことです。
そうした教育を大切にしながら、今実際に起きている犯罪にも直視する必要があるのは確かなことですから、防犯カメラの必要性が問われているとも言えるのです。
人々の暮らしの中で「見られている」と悪い人が感じることで犯罪の減少につながることがあります。
また、実際に犯罪が起きてしまったとしても、防犯カメラがあるかないかによって、すぐに犯人の逮捕に至ることもあるという事実は、その有効性を示す美濃となっています。
このようにカメラの設置が一定の効果をもたらすことからすると、その必要性が大きくクローズアップされた時に否定的な意見を述べる人の意見は小さくなります。
現にそれがある程度の犯罪の抑止効果を生み出している現実は、それらが誕生していなかった古き良き時代の話ではなく、現実問題なのです。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 防犯カメラの技術進歩と市場の拡大 All Rights Reserved.