防犯カメラの市場の拡大

監視カメラは誕生当時は市場規模も小さく、製造メーカーも限られていたといえます。
過去、欧米、特に北米の市場は世界の中で一番大きな市場だったのです。
そしてその市場は次第に拡大していったのです。
北米のメーカーは日本などのメーカーからOEM供給をうけるようになり、カメラの価格も下がっていき、そのため市場はさらに拡大する状況が続いたといえます。
日本や欧州、そして中国のメーカーも加わり当時世界最大の市場である北米で、監視カメラをめぐる熾烈な競争がはじまったのです。
どちらかというと中国の安価なカメラは安価なグレードの市場を席巻してしまってきているといえます。
このような状況は世界の他の地域でも同様な状況となってきています。
過去から現在まで市場を開拓してきた先行メーカーはどちらかというと空港や鉄道インフラなどの大規模監視システム受注に注力し、中国メーカーが得意とする安価なグレードのカメラでの競争は極力避ける方向でビジネス展開してきています。
例えば日本のメーカーは国内はもとより、新興国の鉄道や規模の大きな大学などの監視カメラシステム受注に注力してきています。
欧州のメーカーなどはかつての植民地地域の空港などの監視カメラシステムの受注に注力するといった具合です。
それぞれの得意分野に注力する製造メーカー間ですみわけができつつあるようにみえてきているといえます。

    あなたにお薦めWEBインフォメーション

  • 英会話教室、お花教室、趣味の教室などに対応した貸し会議室を神田周辺の地域で探しているなら、同じ目標を持った方々の交流の場としてサポートしてもらえるのでオススメです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 防犯カメラの技術進歩と市場の拡大 All Rights Reserved.